心も体も壊してしまう砂糖

大阪都島スイソニアによる水素吸入ができるサロンBeautie-ビューティエです。

花粉がすごいですね。
先日伊勢神宮へ行ってきました。
マスクなしで過ごしたのですが、花粉が多いような感じがしました。
そして夕方微妙に鼻がむずむずしてきました。
さすがに花粉を吸いすぎたのかと急いで水素吸入をしました。
90分吸入。おかげで症状は治まり無事に花粉症を回避しました。
それにしても水素吸入でここまで効果があることがスゴイなと自分の
体で体感できて驚いています。
お客様でも例年より花粉が多いのに症状がマシで楽に過ごせますと
いうお声をいただいております。

水素吸入は悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)にのみ反応して無害な水と
なって体の外に排出されます。
この悪玉活性酸素を取り除くことが体の老化防止には重要です。
そして日々の食事。どんなものを食べるか。
この積み重ねを変えていくことが未来の自分への投資です。

砂糖の摂り過ぎが招く不調

炭水化物は消化されるとブドウ糖となり、エネルギー源となるため
必要な栄養素です。
しかし、日常的に精製された白い物ばかりを食べていると血糖値の乱高下
が起こりやすい体質になってしまいます。
この血糖値の乱高下が心身を壊す原因となります。

精製された炭水化物は速やかに吸収され、急激に血糖値を上昇させてしまい
高血糖になります。
急激に上がった血糖値は膵臓から大量に分泌されるインスリンによって急激に
下げられることにより低血糖状態を引き起こします。
すると、アドレナリンやカテコールアミンというホルモンが分泌され、攻撃的で
キレやすくなったり、イライラして落ち着きがなくなったりと精神面にまで
悪影響がでます。
そして、そのイライラなどの症状は血糖値が上昇することにより解消されることから
また甘いものなどを摂ってしまい悪循環をおこしてしまうのです。

この血糖値の乱高下を低血糖症といい、様々な不調を呼び込んでしまいます。

低血糖症が進行すると・・・

いくら体によいというサプリメントを摂っても、低血糖症の状態が悪いと
なかなか思うように根本改善にまでたどり着きません。
食べ方や食品の選択や食べる時間など生活を変えるだけで、多大なリターンを
得ることができます。
低血糖症が進行してしまうと、腸内環境が悪化し、血液ドロドロで悪玉ホルモンの
産生が高まることから、冷え性や肥満・手足の震え・極度の疲労・倦怠感・うつ・
不安・イライラ・情緒不安定・頭痛・めまい・発汗・動悸・こりや痛み・
理由のない恐怖・集中力低下・非社会的な行動などの症状が出てきます。
さらには、その状態が何十年と続くと、アレルギー体質・糖尿病・動脈硬化・がん・
アルツハイマー型認知症など様々な慢性病を引き起こしてしまいかねません。

砂糖を体内で代謝するのにビタミンB群を浪費します。
せっかく食事で栄養をとっても甘い物を沢山たべてしまうとそれを代謝
するためにビタミンが使われ体に必要なところに栄養が届きません。

甘いものを食べると幸せを感じるという方に対して、控えるという行為は
なかなか難しいものです。
わかっているけど、やめられないのは中毒性があるからです。
食べないというのではく、食べる頻度に気を付けましょう。
たまにのご褒美ぐらいはいいと思います。
どのくらいの頻度であれば続けられるのか一度考えて実践してみませんか。

 

Beautie-ビューティエ-
〒534-0015
大阪市都島区善源寺町1-5-51エポック都島ビル1003
06-6180-5807
080-2538-9970
メールでのお問い合わせはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください