水素吸入の体感や効果についての実例

大阪都島スイソニアによる水素吸入ができるサロンBeautie-ビューティエ-です。

 

水素については色々なメディアやネットでもとりあげられているので
知っているという方も増えてきていると思います。
でも水素吸入って?とまだまだ知らない方も多いのではないでしょうか。
今日は水素は吸入するに限る!と思えるような投稿にしたいと思います☆

水素を直接吸入(粘膜吸収)するメリット

水素を体内に取り入れる方法には、水素水やサプリメントの「経口吸収」と
吸引呼吸による「経皮吸収(粘膜吸収)」があります。
スイソニアの吸入方式は、呼吸によって肺から粘膜吸入され、直接血液に入っていくため
体内バリアの影響を受けにくく吸収率が飛躍的に向上します。
他の水素サプリメントや水素水などと比較して、吸収率や即効性に優れています。

また、水素は活性酸素でも悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)のみ反応して
体外に排出してくれます。

スイソニアのメーカーのアースエンジニアリング株式会社の実験データがあります。
そこで確認されたのは、
★血管力をアップさせる血管内皮の強化作用・安定作用・機能改善作用がある
★体の炎症反応を抑える(抗炎症)作用がある
★体の免疫力を増強する作用がある
といった試験データがあります。

水素の吸入で明らかに体にとって良い作用があるということがはっきりしています。
実際吸入を続けているお客様からは体調を崩さなくなったという声をよく
いただいております。
体の免疫力や自然治癒力が上がることで病気になりにくい体になっているの
だと思います。
一度の吸入でも体のスッキリ感や血流アップなどは体感いただけます。
そして続けるとさらに疲れにくい体へとパワーアップしていきます(^^♪

こんな方におすすめ☆

❁疲れている、疲れがとれない
❁ストレス、イライラ
❁睡眠不足
❁冷え性、肩こり
❁目の疲れ
❁ダイエット、激しい運動をする
❁便秘
❁偏頭痛
❁肌のしみ、しわ、くすみ、乾燥
❁化粧ノリが良くない、肌触りが悪い
❁二日酔い
❁抜け毛・白髪
❁紫外線を浴びすぎた

体内で活性酸素が発生することが病気や老化の原因に!
水素で除去してアンチエイジング♪

 

私自身の体感だと疲れにくいというのはその通りです。
髪の毛もきれいです。生えてくる毛につやがありいい意味で力強いです。
一度お客様にもどんなに若く見えても髪の毛を見るとだいたい年齢が分かる
という方がいらっしゃいましたが、その方に20代ぐらいに見えますと
光栄なことを言っていただきました。
たしかに白髪もまだありませんし、抜け毛もあまりありません。
湿気の多い日はボワボワな感じで細かい髪の毛がフワーっとなり(表現が難しい・・)
キレイにまとまらずハードスプレーをしてもそれはおさまらずといった感じでした。
今はスプレーは一切使用していません。
軽いワックスをサラッとつけるのみですが、雨の日でも髪の毛はきれいに落ち着いて
くれています。
何気にこれはとても嬉しい変化です。
雨の日に予定があるのが嫌だったんですが気にならなくなりました。
やはり出かけるなら一番自分がきれいだと思う状態でいたいのです。

肌も変わったと思います。
体全体の肌触りがとても滑らかになり良くなりました。
日焼け止めも一切塗らないのですが、前より色も白くなっている気がします。
会う人、会う人に色白と言われます。
昔からの友人にも言われるので前より白いのだと思います。
紫外線を浴びると活性酸素が発生しシミになったり黒くなります。
その活性酸素を定着する前に除去することでシミや肌が黒くなるのを防げるのです。
それが水素吸入だと即効性があるので確実に除去できているということです。
美肌効果も自信をもっておすすめできます!

男性のお客様でも美肌効果を実感された方がいます。
おしりのあたりのざらつきが気が付けばなくなっていましたと報告いただきました。
男女問わず美肌効果はありますね♪

できれば最初は3~5回は続けて吸入いただけると効果を実感しやすいです。
お得な回数券などもございますのでぜひご利用いただければと思います。

Beautie-ビューティエ-のトップページはこちら

Beautie-ビューティエ-の予約ページはこちら

ご予約、お問い合わせはお気軽にご連絡ください☆

 

Beautie-ビューティエ-
〒534-0015
大阪市都島区善源寺町1-5-51エポック都島ビル1003
06-6180-5807
080-2538-9970
メールでのお問い合わせはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください